内視鏡検査

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)について

内視鏡検査とは

先端に小型カメラ (CCD)を内蔵した太さ1cm程の細長い管を口あるいは肛門より挿入し、食道・胃・十二指腸や大腸の内部を観察し、時には治療を行うものです。内視鏡検査は痛い・苦しいといったイメージがあり、なかなか検査を受けられないでいる方がたくさんいるのではないでしょうか?そういった方にも安心して受けていただけるよう、当院では痛くない内視鏡検査(静脈麻酔を使用して、内視鏡検査による苦痛を軽減する方法)を行っております。30歳以上の方は胃内視鏡検査を、40歳以上の方は大腸内視鏡検査をぜひ受けてください。早期発見・早期治療によりがんは治ります。

当院の内視鏡検査の特徴

1、内視鏡検査数年間7,000件の実績。(2018年1月~12月)

2、痛くない内視鏡検査(静脈麻酔を使用して、内視鏡検査による苦痛を軽減)

3、充実した医師陣(国立がんセンター出身の医師陣で構成)

内視鏡検査の実績

当院の消化器センターは2016年に開設10周年を迎え、内視鏡検査件数も7,000件を越えており、多くの患者様より高い評価をいただいております。

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
下部消化管内視鏡検査件数 2,603 2,642 2,893 3,038 3,593 3,522 3,580 3,479
上部消化管内視鏡検査件数 2,148 2,289 2,556 2,860 3,511 3,532 3,525 3,689
合計 4,751 4,911 5,449 5,898 7,104 7,054 7,105 7,168
  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年

下部内視鏡処置件数(ESD・ポリープ切除等)

810 853 1,041 1,081 1,365 1,586 1,645 1,678

上部内視鏡処置件数(ESD・ ポリープ切除等)

83 102 105 106 179 192 178 257
合計 893 955 1,146 1,187 1,544 1,778 1,823 1,935

痛くない内視鏡検査

当院では安心して検査を受けられるように「無痛内視鏡検査」をおこなっています。無痛内視鏡検査とは、鎮痛剤を静脈注射し内視鏡検査の苦痛を軽減する方法です。注射後は眠くなり全身の緊張がとれてリラックスした状態で楽に検査を受けることができます。検査及び手術は約2030分程度で終了します。(患者様により検査時間は異なります。)

担当医師の紹介

佐野 寧

佐野 寧(Yasushi Sano)

佐野病院 理事長・院長 厚生労働省研究班(元主任研究者)

【診療科目】消化器センター外来・内科

【専門分野】消化器内視鏡診断及び治療(特に上部下部内視鏡による検査と治療)、

      化学療法(特に消化器がん)、終末期医療

 

 

佐野 亙

服部 三太

藤田 幹夫

岩館 峰雄

平田 大善

寺本 彰

栃尾 智正

 

 

 

内視鏡検査費用

項目

1割負担

3割負担

大腸内視鏡検査

約2,000円

約6,000円

大腸内視鏡生検法

約5,000円

約9,000円~15,000円

大腸内視鏡切除術

約7,000円

約18,000円~23,000円

項目

1割負担

3割負担

胃内視鏡検査

約1,500円

約5,000円

胃内視鏡生検法

約3,000円

約9,000円

予約の方法

お電話でのご予約 予約センター 078-785-1006までお電話ください
受付時間:平日8:30〜17:00/土曜 8:30〜12:00
インターネットでのご予約

ご予約専用のメールフォームより、必要事項を入力して送信してください
受付時間:24時間

予約専用メールフォーム

検査に関する注意事項

下記よりダウンロードできます。

大腸内視鏡検査を受けられる方 大腸内視鏡検査を受けられる方へ(PDF)
胃内視鏡検査を受けられる方 胃内視鏡検査を受けられる方へ(PDF)

内視鏡検査の受け方と流れ

 

ページトップへ