診療科・センター

血液浄化センター

当センターの概要

病院の最上階・6階にある人工透析室は、南向きに大きな窓があり、明るく、見晴らしの良いロケーションです。「待合ホール」「更衣室」「休憩スペース」はリフォームによって”落ち着いた木目を基調”としたデザインとなり、男女それぞれの更衣室も拡張しました。
また、患者様がゆったりと寛げるソファーやテーブルもモダンなタイプに新調し、患者様からも好評です。

地域のクリニック様や当院の他の診療科とも連携して、皆様に信頼され、安心して治療を受けていただける施設を目指しています。
常勤医師、看護師、臨床工学技士が、患者様の状態にあった透析治療を行えるよう、充分な話し合いを重ね、治療方針を決めています。また、血液透析を受けるには数多くの装置が必要になりますが、当院では多くの臨床工学技士が装置のさまざまなトラブルに対応できるように日々努めています。

※シャントは透析患者様にとって、非常に重要です。当院では、技術と実績のある小島善詞先生(小島外科院長 http://www.kojima-geka.info/)との連携により、安全に対応させていただきます。

シャントPTA

シャント狭窄の治療としてシャントPTA(バルーンカテーテルによる非経皮的血管拡張術)を開始しました。
当院では、バルーンによる拡張時の痛み緩和の為に、静脈麻酔下での治療を行っています。
静脈麻酔を使用するため入院での治療となります。

血液浄化センターshunt

 

施設の写真

  • ゆったりとした治療ルーム

    ゆったりとした治療ルーム

  • 血液浄化センター透析設備

    血液浄化センター透析設備

  • 血液浄化センター待合室

    おもてなしの待合室

  • 血液浄化センター更衣室

    清潔感ただよう更衣室

透析スケジュール

診療内容・診療時間
 9:00〜14:00
  1. 当院には入院設備があり検査入院は勿論、併設の老人保健施設マインレーベンへの入居も可能です。
  2. 管理栄養士による食事指導を行っております。
  3. ご希望の方には透析患者様向けの治療食も用意しております。(有料)

透析装置

血液浄化センターHDF

 

 

  • A粉末溶解装置・・・AHI-502
  • B粉末溶解装置・・・TP-BHI-G
  • 個人用透析装置・・・DCS-100NX TR-3000M TR-3000MA
  • 血液濾過透析装置(HDF)・・・TR-7700M
  • 多人数用透析装置・・・DAB-NX
TC-HI

透析スタッフ

  • 透析部長  佐野 寧(やすし)医師
  • 透析副部長 佐野 亙(わたる)医師
  • 常勤臨床工学技士・・・6名

 

 

ドクター紹介

各画像をクリックすると紹介ページに移動します。

ページトップへ